☆ インターセプトされたサインと天体

1つのハウスの中にスッポリと埋もれたサインのこと。
ハウスの始まりであるカスプには存在しません。例えば7ハウスのカスプが
乙女座で8ハウスのサインが蠍座の場合、その間にあるはずの天秤座が埋もれていることになります。

解釈としては色々ですが、埋もれているという事実からサインのニーズは意識化にあるため上手く使いこなすことが出来ないと言われています。

ハウスのカスプがアンマンの皮で、その皮をめくると中から出てくるあんこがインターセプトされたサインと言われています。

またはインターセプトされたサインの意識を呼び起こすような事柄が発生し、それらのサインを表現するよう求められるかもしれません。

別な解釈としては、インターセプトされたサインは小さい頃は充電期間として外には現れず、人生の後半になって封印されていた帯が解かれ、パンドラの箱を開けるとも言われています。そっと閉じ込められていた才能や個性はこの時を待っていましたとばかりに、たっぷり蓄えられたエネルギーをフルに使い、それまでの人生で使われなかった魅力や武器で人生のゴールを目指します。

by ふうせん