第4章  星占いの読み方 (初級編ー2)

 

天体(惑星)の読み方ー10個の個性

あなたって何座?

私は○○座ですよ! って答えているのは

実は太陽という天体が何座にあるかを言い表しています。

占星術で登場する天体は全部で10個あります。

太陽はそのうちの一つの天体に過ぎないのです。

そもそも天体ってなんでしょうか?

天体は個性のあるエネルギーであり、欲望であり、衝動です。

私はこうしたい! という主張を表します。

例えば愛の星ビーナス金星であれば

私は愛したい!と主張します。

ではどんな風に愛したいのかというと

その表現の仕方が星座になります。

例えば、牡羊座の金星だとすると

私は積極的に衝動的に愛したい!となりますし、

蠍座の金星だとすると

私は深く情熱的に愛したい!

となります。

つまり主役は天体であり

星座は各天体の性格や色合いを表す存在となります。

そして人の個性を表すキャストは一人ではなく10人

太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星

それぞれの個性的な配役(天体)が、思い思いに星座という衣装を身につけ

人生という舞台で表現をしていくのです。

それでは、ステージに登場するキャストの皆さんを紹介しましょう。

まずはキャストの中のドン、主役であるこの方からの紹介です。

 

太陽:私は、自分らしく生きる

自分が自分でありたい気持ち

重要な事を決断する時、相手を意識する時

自己アピールする時、こだわり・モットーを示す時

昼の顔、社会の顔、表の顔、顕在意識、理性、意思、決断、意識的

 

月 :私は、感じる

つい感情的になてしまう時、ムードに酔いしれた時

安心して心を開いた時、打ち解けた時

夜の顔、プライベートの顔、裏の顔、本性、気分、感情、感性、無意識

 

水星:私は、考える

話す、書く、読む、聞く、覚える、判断する、

知性、知識、学問、情報、能力、コミュニケーションの取り方、対人関係の在り方

 

金星:私は、愛する

楽しみ、喜び、愛情、快感、調和、美意識、美的センス

男性の好きなタイプ

女性の愛情表現、恋愛観

 

火星:私は、戦う

行動力、性的欲求、競争、攻撃、勇気、願望、自己主張

男性の愛情表現

女性の好きなタイプ

 

木星:私は、発展拡大する

可能性、幸運、もっと、チャンス、楽天的、ルーズ

 

土星:私は、成長する

形にする、結果を求める、無駄を省く、地に足が着いた、信頼

試練、苦手、忍耐、制限、縮小、限界、規律正しい

 

天王星:私は、変化する

予測不能な行動やアクシデント

斬新な思考、自由に、生きたいように、解き放つ

改革、オリジナリティ、個人主義、独立、独自、反抗、最先端

変わり者、独創的で普通でない、革命家、天才家、発明家、文明の利器

PC、携帯電話、地デジ、新しい通信機器、航空機

 

海王星:私は、夢見る

妄想する、空想する、スピリチュアルな、ぼんやりと

夢、ロマン、直感、霊感、幻想、理想、無意識の世界

溶かす、一体化する、混沌、忘却、陶酔、あいまい

ムードに酔う、盲目的、魔法にかけられた、現実逃避

オカルト、占い、アルコール、水、海、デザイン、アート

 

冥王星:私は、生まれ変わる

死と再生、生きるか死ぬか、極限、建設と破壊、ピンとキリ

徹底的に、無理やり、否も応もなく、大震災、やるかやられるか

0点か満点か、裏も表も、全てを呑み込む、闇の世界、地下、ヤクザ

狂気、テロリスト、エロスとタナトス(死への衝動)イク~(昇天する)

 

by  ふうせん