第4章 星占いの読み方(初級編ー2)
ルーラーシップ(支配天体)

12の星座には、それぞれを支配する星(天体)があります。

それぞれの星座に強く与える影響を持つ星を「支配星」または「ルーラー」とか「守護星」と
呼んでいます。

現代の占星術では12の星座に10個の天体が割り当てられていますが、古典占星術では

7個の天体しか認めていません。

どちらが正しいかは占う占星家によって解釈がまちまちですが、この章においては

両方の解釈を載せておきます。

どちらが当てはまるかは是非皆さん方でご自身や身の回りの方を見て判断してみてください。

☆ 10天体のルーラー(支配星)

1、牡羊座 : 火星 「個人的な欲求に基づき行動し、自己主張する能力」

2、牡牛座 : 金星 「愛し愛される魅力や五感を楽しむ能力」

3、双子座 : 水星 「聞く、考える、話す、物事を判断する能力」

4、蟹座  : 月  「感じる、育てる、保護する能力」

5、獅子座 : 太陽 「自分が自分らしく表現する能力」

6、乙女座 : 水星 「整理、整頓、計画性、細かな作業をする能力」

7、天秤座 : 金星 「調和的な美しさ、美的感覚、芸術的なセンスや能力」

8、蠍座  : 冥王星「生まれ変わる、変容させる能力」

9、射手座 : 木星 「拡大、発展させる、真実を探求する能力」

10、山羊座: 土星 「秩序や形、規律を作る能力」

11、水瓶座: 天王星「新たな発想、改革、枠を越え自由にする能力」

12、魚座 : 海王星「見えない物を想像する能力」

☆ 7天体のルーラー(支配星)

古典占星術で用いられる7天体では火星、木星と土星の3天体が重複します。

8、蠍座  :  火星

11、水瓶座 : 土星

12、魚座  : 木星

我々の惑星(太陽系)の中心である太陽「獅子座」のルーラーを王様とし

王様のオーラ(光)を反射しサポートしている月「蟹座」のルーラーは王様の伴侶(王女)となり

王様と王女のすぐ隣に位置する水星「双子座」と乙女座のルーラーは、2人の子供(王子)になります。

王族の繁栄と色鮮やかさを醸し出すのが水星の隣に位置する金星「牡牛座」と「天秤座」のルーラーは大臣の役目を担い、

王族とその側近である大臣を守る役目を担うのが、金星の隣に位置する火星「牡羊座」と「蠍座」のルーラーは兵士です。

火星の外側に位置する木星「射手座」と「魚座」のルーラーは祭司であり、神以外に恐れるものはなしとの精神を貫きます。

木星の外に位置する土星「山羊座」と「土星」のルーラーは太陽から一番離れているため、一般人や召使としての解釈がなされています。

このように古典占星術では統制のとれた天体の配列を崩すことは許さず、7つの天体を支配星として割り当てています。

by  ふうせん